芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:お笑い芸人 > 渡部建


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
    25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月21日 (金) 14:41



    (出典 s.eximg.jp)


    ネットなんか見たら自分の記事目の当たりでしょ。

    1 ネギうどん ★ :2020/09/09(水) 10:31:24 ID:CAP_USER9.net

     日差しが和らぎ、秋の気配が漂い始めた9月の上旬、都内の一等地にある保育園から愛息の手を引いて出てきたのは、渡部建(47)だ。高級外車に備えつけたチャイルドシートに、手早く子どもを乗せる姿は、絵に描いたような “イクメン” なのだがーー。

     6月に渡部の「多目的トイレ不倫」が報道されてから約3カ月、渡部&佐々木希(32)夫妻の力関係は逆転していた。

    「 “芸能界のグルメ王” を自称する渡部さんですが、自分で料理することには一切、興味がありませんでした。結婚当初から、料理を含む家事全般は、妻の佐々木さんの仕事。渡部さんは亭主関白で、佐々木さんが渡部さんを献身的に支える、という夫婦関係でした。

     ところが不倫発覚以降、立場は大逆転。佐々木さんは渡部さんを『更生させる』と決意し、二度と過ちを犯さないように、厳しい指導をしているようです。いまでは、多忙な佐々木さんに代わって、子どもの送迎など多くの家事が、渡部さんの仕事になっています」(芸能記者)

    “贖罪” のため、家庭に尽くす日々ーー。だが、そんな渡部にも、数少ない息抜きの場があるようだ。それは、保育園の近くに店を構える、瀟洒なカフェ。

    「ふと入口に目を向けると、帽子を深くかぶった渡部さんが入店してきたので驚きました。目元で、すぐに本人だとわかりました。席に座るとスマホを取り出し、退店するまで、せわしなく操作していました」(居合わせた客)

     渡部は、“身バレ” をかなり気にしていたという。

    「注文したアイスコーヒーが届いても、マスクを外しませんでした。テーブルで会計をする際、声で正体がバレてしまうのを防ぐためか、店員の目に留まるまで、30秒近く黙って片手を上げ続けていたのが印象的でした。30分ほど滞在したあと、お子さんを迎えに行ったようです」(同前)

     たったひとり、誰にも気がつかれず過ごせる時間が、いまの渡部にとっては貴重なのかもしれない。

    「不倫が報じられた5日後、渡部さんは『週刊文春』のインタビューに応じました。しかし、その場ではうまく答えられず、嗚咽を漏らしてしまい、何度も離席するほど憔悴しきっていたそうです。しばらく自宅にこもっていましたが、ようやく外出できるほど回復したんです」(事務所関係者)

     だが、芸能界復帰は、まだまだ先になりそうだ。

    「キャスティングに影響力を持つスポンサーや主婦層からは、いまだに嫌悪感を持つ声が聞かれます。年内のテレビ復帰は難しいでしょう」(同前)

     当分の間は、カフェでのひとときを糧に、家庭に尽くすしかない。

    https://smart-flash.jp/showbiz/115018


    【【衝撃】渡部建、カフェで30秒手を上げたままのワケ。】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
    25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月21日 (金) 14:41



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    こりゃ、嫁に全消去されたな。

    1 Time Traveler ★ :2020/09/09(水) 12:32:34 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也と「爆笑問題」の太田光が社会問題からプライベートなことまでしゃべり倒すテレビ番組『太田上田』(中京テレビ・火曜24:59~放送中)で、上田が「アンジャッシュ」渡部建にメールをした際の珍事件について話している。

     渡部建は今年6月、複数の女性との浮気を報じられ、その女性たちへの扱いのひどさもあって大騒動に。テレビで『ヒューマンステージが高い』と主張してきた渡部だけに、多目的トイレで事に及び、口止め料として1万円を渡していたというセコさがいっそう目立った。報道直前に自ら活動を自粛し、現在まで姿を表していない渡部だが、現在はどうしているのか、上田と太田も気になったようだ。

     上田はアンジャッシュの芸歴1年目からの仲だという。児嶋一哉は上田の自宅の合いカギを持っていたほどの仲であり、お互いのライブにもよく顔を出していた。上田が出先に行っているときには、児島が先に上田の家で待っていることもちょくちょくあったそうだ。アンジャッシュが売れてからは、渡部とはプライベートの付き合いこそなかったものの、騒動が会った時には心配になったという。

     騒動直後は多くの人が渡部に連絡していると思った上田は、あえて連絡せず、そっとしておいた。そしてちょうど一カ月ほど経った頃、「あいつもちょっと精神的に落ち着いたかな」と思い、メールを送ったそうだ。

     その内容は上田本人も「ちょっとかっこつけすぎかな」と思ったそうだが、「今回のことは残念だけど、ライブ時代から始めて売れるまで10年くらいかかっただろ? これからまた10年くらいかけて(表舞台に)でてくりゃいいじゃねーか。今後、民放地上波に、仮に出られないとしても、芸人の活躍の場なんてほかにいくらでもあるんだし、腐らず前向きに頑張れよ」というもの。

     メールを送って数時間後、渡部から返信が来た。感動の返信かと思いきや、渡部からのメールの内容は上田をずっこけさせるものだった。

    「あの、連絡先消したんで分かりません。どなたですか」

     これには太田も大爆笑。「マジかよ~~」と手を叩いて笑うと、上田は「『児嶋だよ!』の言い方で『上田だよ!』 って書いてやったわ! まったくさ、あいつ。俺、あいつの謹慎伸びればいいと思ってる」「俺に失礼なことした分、(謹慎を)伸ばせ!」と笑い飛ばした。
     渡部は大先輩である上田の連絡先を消したいと思うくらい疲労困憊していたのだろうか。あるいは、芸能界の知り合いの連絡先のほとんどを衝動的に消し、人間関係の断捨離をした可能性もある。

     まだ活動再開の目処は立たず、そもそも記者会見もしないままに活動を自粛してしまったため、まず会見をしてから出なければテレビ局などへの出演も難しいと見られている渡部。妻の佐々木希は彼を支えると明言しているが、渡部は再びヒューマンステージの上位へ這い上がることができるのだろうか。

    2020.09.08 18:00
    https://wezz-y.com/archives/80936


    【【衝撃】渡部建「あなた、誰ですか?」くりーむ上田ずっこける。】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
    25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月21日 (金) 14:41



    (出典 president.ismcdn.jp)


    ベッキー、知らないふりしてゴールデン出てきてるね。
    みんな、いいのそれで。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/08/20(木) 11:07:16.15

    人気お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部健(47)が「多目的トイレ不倫」スキャンダルで芸能活動の自粛に追い込まれてから早くも2カ月余り…。本人はいまだ表に出ることもなく沈黙を保ったままだ。

    そんななか、渡部を巡る極秘復帰計画が動いている…との情報をキャッチした。来年4月、日本テレビのグループ会社であるHuluでレギュラー番組を再開させるプランが進んでいる、とウワサされているのだ。現在も配信中の番組『渡部の歩き方』を再スタートさせる計画が持ち上がっているんだとか。

    「同番組は次の配信で計100回目になる。復帰の節目としてはピッタリですよ。しかも、テレビ地上波でなく配信となれば、ハードルはさらに低くなる。Huluは基本、有料ですから。今回の不倫スキャンダルを毛嫌いする主婦層や一部の良識派の批判がスポンサーに集まることもない」(日テレ編成関係者)

    『渡部の歩き方』は2018年12月にスタートした食べ歩き番組。当時、美食家として鳴らしていた渡部が、己の勘と舌だけを頼りにアポ無しでこれはと言う飲食店を訪問していく…という内容だ。

    「静岡からスタートし、高知、福岡、岩手、広島など34県に足を運び、99件のお店を取り上げてきた人気番組です。渡部が活動自粛をしたいまもHuluで配信しているのは、いまでも同番組の人気があるからです」(芸能関係者)

    あらためて説明するまでもないが、渡部は今回のスキャンダルで『王様のブランチ』(TBS)や音楽番組『Love music』(フジ)の司会など、テレビ&ラジオなど計9本をはじめ、CMや事業案件などほぼすべてを失った。スポンサーの目を気にして多くのテレビ局が渡部を敬遠するなか、なぜ救いの手を差し伸べたのか?!

    今回、関係者らの証言からおぼろげながら浮かび上がってきたのは、渡部復帰を後押しする有力芸能人の存在だ。

    「今回、渡部の復帰計画に関わっているのが、二年前に『渡部の歩き方』を起ち上げにも関わったAさんという人物。ここだけの話ですが、彼に復帰の手助けを強く訴えていたのが“くりぃむしちゅー”の有田哲平なんですよ」(放送作家)

    そもそも有田にとって、渡部は「愛弟子」と言っても過言ではないほど、親しい存在なのだ。

    「いまから20年くらい前に、まだ喰えなかった渡部とアンタッチャブルの山崎弘也を、世田谷区の千歳烏山にあった有田のマンションに居候させ共同生活を送っていた。A氏との付き合いも、このころから続いているものです」(前出・放送作家)

    実は、渡部復帰を声高に叫ぶ芸能人は他にも存在すると言う。

    「有吉弘行とカンニング竹山の2人です。二人ともよく旅行にも行く間柄で、有吉は番組では渡部の悪口を言っていますが、実際は彼にエールを送っています。『渡部のやったことは100%、弁解の余地がない。でも猛省している。仕事も全て失った。ペナルティーは受けた。誰でも間違いは犯すが、その禊が済んだら、またチャンスを与えてあげるべきなのでは』というのが二人の考えです」(事情通)

    渡部は周囲の状況を観察しつつ、4月配信予定の『渡部の歩き方』での復帰を視野に入れている……というのが関係者の話だ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4268a990293d65c3debe58131c9c711fcaf7d0a1

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【衝撃】#渡部健、4月に極秘復帰計画!!】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
    25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月1日 (土) 02:20



    (出典 buzz-plus.com)


    グルメ路線で呟こうとした?

    1 ひかり ★ :2020/08/13(木) 05:50:22 ID:CAP_USER9.net

    ?多目的トイレ不倫?で活動休止中の「アンジャッシュ」渡部建(47)に異変が起きた。

     騒動後、パタッと更新が止まっていたツイッターが12日、更新されたのだ。午前10時半ごろ、ツイッターで何の前触れもなく「[食べログ]グリューネ・ベカライ、r」(原文まま)の文字と、親指を下に向けたマークが2つ出現。マークは「低評価」を表す時によく使われるものだ。

    「グリューネ・べカライ」を調べると、世田谷区内のパン屋に行き着く。そこに例のマークを付けるということは、この店は渡部的に「なし」ということなのか…。

     突然の更新にネット上では「復帰か」「食べ歩き再開?」と話題に。ところが10分後、投稿はきれいに削除された。

     渡部本人が?誤爆?したのか、それとも第三者による?アカウント乗っ取り?なのか?

     本紙は所属事務所の人力舎に問い合わせたが「担当者から折り返します」の一点張り。返答を催促したが、結局10時間以上待てども折り返しはかかってこなかった。?乗っ取り?ならばすぐにアナウンスしてもいいような気もするが…。

     渡部は不倫騒動により、ほぼすべての仕事を失った。イメージ商売だけにタレントとしての復帰は絶望的とも言われる。

    「芸人としてもあれほどのスキャンダルを起こせば『笑えない』となるのがオチ。残された道は圧倒的な知識量を誇るグルメ路線しかないでしょう」(芸能関係者)

     騒動後しばらく意気消沈していた渡部だったが、妻・佐々木希(32)のフォローと間もなく2歳になる愛息のおかげで、徐々に元気を取り戻しつつあるという。?謎ツイート?はようやく前に向かって歩み始めた兆候なのかもしれない。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/170a5534c4831ac1a85698242386df20714de1c3


    【【衝撃】#渡部建、ツイッター10分後即削除!!】の続きを読む


    渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優
    25キロバイト (2,951 語) - 2020年8月1日 (土) 02:20



    (出典 biz-journal.jp)


    お久しぶりぶりです〜。

    1 神々廻 ★ :2020/07/31(金) 17:35:47.80

    http://npn.co.jp/article/detail/200006378


    グルメリポーターとして一時期大人気を誇った彦摩呂が復活してきた。「やっぱり安心」という言葉が、各所から聞こえているという。
    芸能界のグルメ王として名を馳せた『アンジャッシュ』渡部建の“失職”が大きいのだろう。

    「日常的にあんな*行為を繰り返していたことがあからさまになった渡部に対し『実は食べ歩きなんてしていなかったのではないか』
    『そんな時間などなかったのではないか』などと疑惑が投げつけられています。ネット上では『後輩に店に行かせて自身で行ったようなフリをしてたんじゃないの?』
    『店のホームページ見ただけなんじゃない?』などともいわれていますね」(芸能ライター)

     渡部はもともと自身のブログで、おいしい焼き鳥屋や焼き肉店を紹介していた程度。それがいつの間にか評論家に化けた。

    「渡部が消えてもテレビは何も困りませんよ。ホンモノは“肉専門家”である『ダチョウ倶楽部』の寺門ジモン。そして元祖“グルメリポーター”の彦摩呂でしょう」(同・ライター)


    【【朗報】渡部建のおかげである芸能人が超人気!!】の続きを読む

    このページのトップヘ