芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ: 政治家・コメンテーター


    玉川 (たまかわ とおる、1963年 - )は、テレビ朝日報道局の局員で、『モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。 宮城県出身。宮城県仙台第二高等学校を経て、京都大学農学部農業工学科から京都大学大学院農学研究科修士課程へ進学。
    11キロバイト (1,380 語) - 2020年4月26日 (日) 06:35



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    みんな、すごい叩くな。
    別に土日休みだと間違っただけじゃないか。人の事叩き過ぎなんだよ😤😤

    1 jinjin ★ :2020/04/29(水) 08:52:11.68

    テレ朝・玉川氏が謝罪 
    行政の検査機関は土日休みと誤認「コメントの全ての責任は私に」

    テレビ朝日の玉川徹氏が29日、コメンテーターを務める同局系の生番組「モーニングショー」で謝罪した。

    司会のフリーアナウンサー、羽鳥慎一がまず、前日の放送で、東京都の感染者数について、解釈が違っていたと前置き。

    リモート出演した玉川氏は「昨日の放送の中で、月曜日の都内の感染者数、39名、全てが民間の検査機関によるものだというふうに私はお伝えしました。
    さらに、土日に関して、行政の検査機関は休んでいたというふうにお伝えしました。しかし、正しくは、その39名の中に行政機関の検査によるものが、多数含まれていたことが分かりました。
    そして、土日に関しても行政の検査機関は休んでいなかったというふうなことも分かりました」と、事情を話した。


    続けて「なぜこのような間違いが起きてしまったのか。私たちテレビ朝日の記者が都庁でのレクチャーを取材し、メモを作成しています。
    そのメモを番組内で解釈する時に、その解釈を間違ってしまいました。その間違った解釈、そのまま私がコメントをしてしまったというふうなことでこのような間違いが起きてしまいました」と、ミスが発生した理由を説明。


    「コメントの全ての責任は私にあります。私がコメントの内容を全て考え、話しているわけですが、
    その中身は、私が再度確認をして正確性を保たなければならない立場であるにもかかわらず、その責務を果たさず、このようなことになってしまいました。
    このことにより、土日も働いてらっしゃる都庁関係者の皆様、保健所の皆様、そして検査機関の皆様、検体を採取する医療関係者の皆様、全てに多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。本当に済みませんでした」と頭を下げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000027-dal-ent


    【【コロナ】玉川徹、モーニングショーで謝罪!「本当に申し訳あはらませんでした」真相はコチラ!!】の続きを読む


    読売新聞(1992年5月8日)によると、19歳前後のパスポートにおける名称が「レンホウ」であると報じられている。「」と「」は2017年時点で常用漢字に選定されていない。「」は1990年(平成2年)3月1日法務省令第5号により、人名用漢字に追加。「」は2017年時点で人名用漢字に選定されていないため、人名に使用できない。以上の
    135キロバイト (19,865 語) - 2020年4月28日 (火) 05:21



    (出典 image.news.livedoor.com)


    そりゃ、批判されちゃうでしょー。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/04/29(水) 22:50:07.49

    https://twitter.com/dappi2019/status/1255377909713436674

    蓮舫「このままでは新型コロナで大学を辞めないといけない学生が出る。学校を辞めたら高卒になる!就職はどうなる!」

    しれっと高卒を*にする蓮舫


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1588165834/
    1が建った時刻:2020/04/29(水) 21:09:00.09
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【新型コロナ】蓮舫氏、高卒をバカにして批判殺到!!】の続きを読む

    このページのトップヘ