芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:女優 > 沢尻エリカ


    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    48キロバイト (5,132 語) - 2020年2月11日 (火) 13:30



    (出典 www.crank-in.net)


    これは、カッコイイわ。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/12(水) 07:45:16 ID:fN8N8kSi9.net

    「彼女にとって女優に戻ることが、いいことなのかどうか……」

     本誌記者にそう語ったのは、2月6日に有罪判決が下された沢尻エリカ(33)の兄・澤尻剣士さん(38)だ。

    剣士さんは、1月31日の沢尻の初公判に、証人のひとりとして出廷。
    「留置中や入院中は、面会に行っていました」「僕にできることがあれば、経済的なことを含め、話を聞きながら進める」と、妹の今後を案じていた。

    沢尻の更生のカギを握る、肉親のひとりだ。

    じつは本誌記者と剣士さんは、以前から顔見知りだった。
    剣士さんは、都内の飲食店に店長として勤めているが、2008年に彼の仕事ぶりを取材していた。

    初公判後の2月某日、本誌記者が別の事件の取材で都内にいると、偶然にも歩いてくる剣士さんと出くわした。

    声をかけると、初めは「僕の口からは、なにも言えません」と断わられたが、証言台に立った気持ちなどを尋ねていくと、剣士さんは少しずつ重い口を開いてくれた。

    ――証人として、出廷したのは大変だったのでは?

    「緊張しましたよ。慣れないことですから」

     長兄の剣士さんは、「澤尻家」の代表として、証言台に立った。
    沢尻の父は、彼女が中学生のときに病死。
    高校時代には、次兄も交通事故で亡くしており、沢尻を支えたのは母・リラさんと剣士さんだった。

    その初公判で、沢尻は「兄に対しても心配や迷惑をかけ、裁判にまで来てもらい、このような思いをさせて申し訳ない」と、兄への思いを吐露するとともに、「女優への復帰は考えていません」と明言していた。

    剣士さんに、沢尻の将来についても尋ねた。

    ――妹さんの女優復帰について、どう考えているか?

    「僕は、女優はやめたほうがいいと思います」

    ――「僕にできることがあれば」と証言していたが、剣士さんの店で働く可能性はある?

    「働かせることまでは無理かもしれませんが、僕が支えていくことになると思います」

    ――社会的に孤立させないのが大事だとされている。妹さんと一緒に暮らす考えは?

    「僕は結婚していますので、同居はわかりません」

    ――妹さんは薬物をやめられるのか?

    「裁判で証言したとおりで、彼女は(薬物の使用を)後悔していますから……絶対にやめさせます」

     わずか5分足らずだったが、剣士さんは真摯に答えてくれた。

     出演するはずだったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、沢尻の演技を見たかったという声は絶えない。罪を償えば、必ず “復活” の道は見えてくるはずだ。

    2/12(水) 6:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00010001-flash-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【【衝撃】沢尻エリカの兄、カッコよ過ぎて沢尻エリカがどうでもよくなる件。】の続きを読む


    沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 - )は、日本の元女優。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。 東京都出身。スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属(エイベックス・マネジメント(旧エイベックス・ヴァンガード)と業務提携)。 歌手としても、Kaoru
    48キロバイト (5,132 語) - 2020年2月13日 (木) 13:27



    (出典 img.cinematoday.jp)


    真紅の口紅が気になる!
    落ち込んでる時に真紅の口紅なんてできるか?!
    目立ちたいの塊。絶対女優復帰だね。

    1 Egg ★ :2020/02/18(火) 21:57:08 ID:Z3R7pnTl9.net

    上下黒のパンツスーツに黒髪を束ね、真紅の口紅に決意を滲ませ直立する女性。以前と変わらぬ容姿端麗なその姿に、傍聴人たちの目は釘付けとなった。

    「女優復帰する資格はない」

     そう語った彼女だが――。

    ◆ ◆ ◆

     昨年11月に合成*等の所持容疑で逮捕された沢尻エリカ(33)の初公判が、1月31日に行われた。

    「現実から逃避した世界と薬物がつなげた偽りの友情から抜け出せなかった」

     練り上げられた言葉を、長台詞のように淀みなく発する。法廷は「女優」のために用意された舞台のようだった。だが、検察側の質疑応答になると様子が一変。司法担当記者が振り返る。

    「時々目を伏せたり、唇を何度も舐めたり、緊張しているような仕草が見受けられました。『なぜ甘い考えを抱いたのか?』と検察官から核心的な質問が飛ぶと、回答に窮して沈黙を続け、『それは今でも自分の中で自問しています』と答えるのが精一杯でした」

    沢尻への“ラブコール”が絶えない

     初公判を終え、各メディアには「沢尻引退」の文字が盛大に並んだ。その一方で、公判では所属事務所エイベックスの役員が「女優復帰」を匂わせてもいた。

    「検察側が読み上げた役員の陳述書には〈女優として素晴らしい才能がある〉〈個人的には彼女の作品をもう一度見てみたい〉などとあり、復帰に前向きな事務所の姿勢が透けて見えました」(同前)

     実際に彼女への“ラブコール”は絶えないと、事務所関係者は語る。

    「まだ具体的な予定はないものの、テレビやネットも含めて『落ち着いたらうちで』と声が掛かっているのは事実。ただ、沢尻自身は復帰云々以前に、今はまだ何も考えられない精神状態にあります」

     入院している慶応大学病院内の一室。スポットライトに包まれていた彼女の姿は今、暗闇の中にあった。

    「窓もカーテンも締め切り、反省した様子で終日、ぼーっとしています。逮捕されて以来、一度も日の光を浴びていない。病室のテレビもつけず、パソコンも携帯も弁護士に預けて、一切の情報から距離を置いている。逮捕と同時に、これまでの友人関係が偽りだったことを思い知って、ほとんど“人間不信”の状態に陥っています」(同前)

    2/18(火) 19:09配信 文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00034514-bunshun-ent


    【【悲報】沢尻エリカ、「人をもう信用できない…」】の続きを読む

    このページのトップヘ