芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:女優 > 唐田えりか


    唐田 えりか(からた えりか、1997年〈平成9年〉9月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。韓国でも活動している。フラーム(日本)及びBHエンターテインメント(韓国)所属。 1997年9月19日千葉県君津市出身。田んぼが広がるのどかな風景に囲まれた地域で幼少期を過ごす。4歳と2歳年上の
    51キロバイト (6,766 語) - 2020年7月1日 (水) 13:31



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    しれっと出てくるよね~。絶対。

    1 幻の右 ★ :2020/07/14(火) 06:13:15 ID:9SHyRsSf9.net

    「7月11日には映画の宣伝のため、長澤まさみと東出昌大がバラエティ番組にも出演しました。東出がドッキリを仕掛けられるという内容でしたが、番組では屈託のない笑顔も見せていました」

    そう語るのはテレビ局関係者。今年1月に報じられた東出昌大(32)と女優・唐田えりか(22)の不倫愛。発覚から半年、同じように社会からの糾弾を受けていた2人の“差”は大きく開きつつある。

    「映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開が迫っていること、共演者の長澤まさみ(33)が周囲に“サポート”を表明していること、そしてアンジャッシュ・渡部建(47)の多目的トイレ不倫のインパクトが強烈すぎたこと……。さまざまな要因があると思いますが、事実上、東出は芸能界復帰を果たすことができました。

    いっぽうの唐田は、不倫騒動前に出演していた作品が放送されることがあっても、いまだ活動休止中です。それどころか仕事関係者たちも、彼女の所在すらわからない状況です」(芸能関係者)

    唐田は千葉県出身。不倫発覚までは、彼女は“地元の星”であり、地元の市民ホールで彼女の出演映画の上映会が開催された際には、実家の近所の人々もこぞって駆けつけたという。

    実家に住む姉に、唐田の近況について取材を申し込むと……。

    「すべて事務所さんにお任せしていますので……、私たちからお話しすることはないのです」

    ――ご実家に帰ってくることもあるのでしょうか?

    「こちらには、ほとんど戻りません。ただLINEで連絡はできますから、本人が元気でいることは間違いないです」

    ――女優復帰は厳しいのではないか、という声もあります。

    「このまま引退ということはないはずです。それでは本人はもちろん、家族も悔しすぎます。(仕事再開については)事務所さんにお任せしていますが、本人も仕事を続けるつもりですし、家族としても応援を続けていきます」

    女優復帰を待っているという唐田の家族。バラエティ番組で笑顔を見せている東出の姿は、彼らの目には、どのように映っているのだろうか。

    「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載
    7/14(火) 6:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d45c5779ffd01b0de0c41dbf377b5dd110a8f6c


    【【衝撃】唐田えりか「引退はない。悔しすぎる」】の続きを読む


    唐田 えりか(からた えりか、1997年〈平成9年〉9月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。韓国でも活動している。フラーム(日本)及びBHエンターテインメント(韓国)所属。 1997年9月19日千葉県君津市出身。田んぼが広がるのどかな風景に囲まれた地域で幼少期を過ごす。4歳と2歳年上の
    51キロバイト (6,747 語) - 2020年4月11日 (土) 08:11



    (出典 www.news-postseven.com)


    雑誌の表紙やってんの見たぞ。
    誰が使うんだよ、バカじゃねーの。

    1 すらいむ ★ :2020/04/22(水) 18:59:37.33

    唐田えりかさん主演のドラマ、国際的コンテストで銀賞

    ヒロインを演じた唐田えりかさん

    (出典 www.asahicom.jp)


     関西テレビは22日、俳優の唐田えりかさんがヒロインを務めた同社制作のオリジナルドラマが、国際的な映像作品コンテスト「ニューヨークフェスティバル」で銀賞に選ばれたと発表した。

     作品は、同フェスティバルのショート・フィルム部門に出品した4K/HDRドラマ「小夏日和(こなつびより)」。
     高知県を舞台に、唐田さんが演じるヒロインが東京から帰郷し、濱田龍臣さん演じる幼なじみの男性と再会。
     自分を見つめ直す物語だ。
     高知の仁淀川など自然豊かな景色が高精細な映像で表現されている。
     昨年7月と9月、関西地域で放送された。

     同フェスティバルは1957年に設立。
     授賞式は例年、米・ラスベガスで開かれているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で開催されないという。

    朝日新聞DIGITAL 2020年4月22日 18時44分
    https://www.asahi.com/articles/ASN4Q622VN4QPTFC00L.html


    【【衝撃】唐田えりか、主演ドラマが銀賞受賞!!】の続きを読む


    唐田 えりか(からた えりか、1997年〈平成9年〉9月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。韓国でも活動している。フラーム(日本)及びBHエンターテインメント(韓国)所属。 1997年9月19日千葉県君津市出身。田んぼが広がるのどかな風景に囲まれた地域で幼少期を過ごす。4歳と2歳年上の
    51キロバイト (6,732 語) - 2020年3月23日 (月) 00:03



    (出典 www.news-postseven.com)


    じいちゃん、被害者ぶりはおかしいだろうよ。孫がご迷惑をおかけして、申し訳ないらでしょ。

    1 ひかり ★ :2020/03/24(火) 21:56:44 ID:omttA0ZE9.net

     謝罪会見を行った東出。宙を仰ぎ、唇をかみ、苦悶の表情を浮かべ、言葉を詰まらせながらもレポーターの質問に答えた。会見後に向かったのは、生まれ育った実家。一方で不倫相手の唐田はドラマを降板し、
    姿を消したまま……。祖父は孫娘についていつも自慢していたというが、最近はそんな姿も見られない。杏は3人の子どもを抱えて、今日も1人分少ない食事を作っている。不倫の代償は、まだ続く──。



     もうひとりの当事者、唐田えりか(22)は『週刊文春』による今回の不倫報道の影響で、出演中だったドラマのシーンがカットされることになり、実質的に1話で降板に……。3年にわたる不倫によって、
    唐田は今後の芸能活動が白紙に。今も公の場に姿を見せず、どこで何をしているのか不明のまま。

     そこで週刊女性は、唐田の近況を聞こうと、千葉県内の実家を訪ねると、彼女の祖父がインターホン越しに話をしてくれた。

    ──えりかさんはどこにいらっしゃいますか?

    「ここにはいません」

    ──都内に?

    「でしょうね。これ以上はノーコメント」

    ──東出さんの会見は見た?

    「一応見たけど。こっちから何を言ってもしょうがないから……。しかたないけど、まるで“遊女”のような扱いをされてるからね……」

    ──えりかさんから何か話を聞いていますか?

    「全然、話してないからわからないね。会っていないから」

     初めて騒動を知ったときは、ショックだったと話した。孫娘については、これ以上話すことはなかったが、東出には思うところがあるようだ。

    「言いたいことは100もあるけど……、私が何を言っても意味がないから。これ以上は話すことはありません」

     そう語る言葉は弱々しく、祖父の心痛が伝わってくる。

     近隣では、こんな話も。

    「えりかちゃんは明るくて気さくでとてもいい子でしたよ。おじいちゃんはお話し好きで、道でお会いすると“今度えりかがドラマに出るんだよ”って、いつもえりかちゃんのことをうれしそうに話していてね。
    ドラマも楽しみにしていたと思うよ。ただ、騒動の後はまったく見かけなくなっちゃって……」(近所の女性)

     地元では小さいころからかわいいと評判で、テレビに出る姿を応援していた人も多い。

    「東出さんが世間から叩かれているのを見て、えりかちゃんはつらい思いをしているんじゃないかなぁ。だって、形はどうであれ好きな人だったんだろうから……」(別の近隣住民)

     不倫の“代償”は唐田だけでなく、その親族にも及んでいるようだ。

     謝罪会見後、所属事務所の車に乗り込み、東出が向かった先は、埼玉県内にある実家だった。週刊女性が実家の前で声をかけるも、マスクにニット帽をかぶってうつむいたまま、無言で家の中へ入っていった。

     翌日、実家から出てきた母親に、東出とはどのような会話をしたのかを聞こうとしたが、“何も話しません”というように、片手をこちらに向け、無言のままだった。

     実家の近所では、こんな東出一家の姿が目撃されていた。

    「騒動の前、東出さんと杏さんは子ども2人を連れて、たまに実家に帰って来ていましたね。夫婦ふたりで仲よく買い物に行く姿も見かけました。家の前では、お母さんも一緒になって子どもたちと
    遊んでいるのも見たことがありますよ」(近所の男性)

     そんな日々も今となってはいい思い出に。東出の母親は、孫と会うこともかなわなくなってしまったのだろう。東出の母親もまた、息子の起こした不倫による“代償”を払っているようだ。

     一方で杏は、約1か月前の2月18日、イベントに出席した際、今回の騒動について「いろいろな方にご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません」「小さな子どもたちがおります。どうか、そっとして
    おいてください」と語っていた。そんな杏の薬指から、指輪はすでにはずされていた……。

     今は都内の自宅で、子どもたちと以前より1人分少ない食卓を囲む。

     近隣の住民も心配のようで、

    「仲のよかったころはよくふたりでウチに挨拶しに来てくれたり、家族で一緒にいるのをお見かけしたんだけどね……。騒動の後は、杏さんすら見かけなくなりました。お子さん3人を抱えて大変だろうに。
    かわいそうですよ。どんなに苦しいか……」(近所の主婦)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200324-00017500-jprime-ent&p=2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200324-00017500-jprime-ent&p=3


    【【衝撃】唐田えりかの祖父が告白!「遊女のように言われて、言いたい事は100もある」】の続きを読む

    このページのトップヘ