芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:タレント > 壇蜜


    番組などに数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している。また日本舞踊坂東流師範でもある。 芸名である“壇蜜”は仏教を基に自分で考えたもので「『』は仏壇を。『』はお供え物を意味している」と述べている。 ツアーコンダクターの父親と保育士の母親を持つ。母親の実家がある秋田県横手市で
    53キロバイト (7,095 語) - 2020年4月18日 (土) 01:12



    (出典 data.smart-flash.jp)


    ショルダータイプの小さいバック肩から下げて、滑り台滑ったら、ばっくが引っかかって、首吊りのようになった。
    誰も気づかなくて、死にそうだったの思い出した😱😱😱
    みんな、気を付けてー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/06(水) 22:12:52.39



    タレントの壇蜜が5日に自身のアメブロを更新し、ぞっとした最近の出来事を報告した。

    この日壇蜜は「ぞぞっとした。」というタイトルでブログを更新。「ヒヤリハット体験とでも言いましょうか…。本当に自分の不注意で大変なことが起きる…寸前だったと思います」と切りだし、先日掃除をしていた時のエピソードをつづった。

    掃除中ビニール袋が必要になり、常備していたものが底を尽きていたため補充しようとした壇蜜。補充分のビニール袋はキッチンの洗い場の上だといい、「椅子に乗らなくては届きません」と、椅子に乗って目当てのものを取り出したという。

    ところが、いざ降りようとした時「戸棚の扉にパーカーの袖が引っ掛かって椅子がぐらつき、そのまま転落…となるところでした」と危ない状況に。しかし「結局転げ落ちる顛末にはならず、シンクの中にすぽっとお尻がはまって近くにあったコップ1つが床に転がっただけで済みました。コップはプラスチック…」と幸運が重なり、事なきを得たという。

    読者からは、「良かった! 大事にならなくて!」「ご無事で何よりです」「シンクになりたい」「モゾモゾと抜け出す姿を想像して少し可笑しくなりました」などの声が寄せられている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18223448/
    2020年5月6日 19時15分 ABEMA TIMES


    【【悲報】壇蜜が大変な事に!おしりがすっぽりはまってしまって…。】の続きを読む


    番組などに数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している。また日本舞踊坂東流師範でもある。 芸名である“壇蜜”は仏教を基に自分で考えたもので「『』は仏壇を。『』はお供え物を意味している」と述べている。 ツアーコンダクターの父親と保育士の母親を持つ。母親の実家がある秋田県横手市で
    52キロバイト (6,966 語) - 2019年12月3日 (火) 16:29



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    ネタっぽい。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/10(月) 07:39:12 ID:1gShYlA39.net

    壇蜜が、2020年2月8日放送の『土曜スタジオパーク』(NHK総合)で、漫画家・清野とおる氏との新婚生活を語った。


    夫は『東京都北区赤羽』などを執筆しており、現在も北区に在住。夫の仕事の関係から、月の半分しか一緒にいないという。
    ?
    壇蜜は「夫が締め切りの4日でやつれた」と、多忙なため数日で夫の様子が変わると話す。
    ?
    さらに、「亭主元気で留守がいい。お互い、会えない時間は仕事を頑張る」と、それぞれのプライベートも大切にしているという。
    ?
    壇蜜は、2月2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足していることに、「うちの清野さんはいつもマスクをしているんで、
    『僕が僕であるためのアイテムが売っていないので、どうしたらいいんだろう』って」と、清野氏がマスク不足を嘆いていることを明かした。

    清野氏は家の中でもマスクをしており、壇蜜は「寝るときはアイマスクをする」と夫の素顔をめったに見ないという。

    一風変わった壇蜜と清野氏の結婚生活。それも夫婦のあり方の一つなのだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17793664/
    2020年2月10日 6時0分 Smart FLASH


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【新婚生活】壇蜜が告白!!夫は家でもマスク&アイマスク!!】の続きを読む


    番組などに数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している。また日本舞踊坂東流師範でもある。 芸名である“壇蜜”は仏教を基に自分で考えたもので「『』は仏壇を。『』はお供え物を意味している」と述べている。 ツアーコンダクターの父親と保育士の母親を持つ。母親の実家がある秋田県横手市で
    53キロバイト (7,095 語) - 2020年4月18日 (土) 01:12



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    壇蜜って、何のバイトしてたの?
    デリヘル?!

    1 冬月記者 ★ :2020/04/29(水) 17:40:30 ID:Y8tpiwav9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000167-spnannex-ent

    壇蜜、ラジオに父親が参加し親子初共演「こんな上品な父親からこんな娘が生まれてくるんです」と自虐も


    タレントの壇蜜(39)が29日、水曜パートナーを務める文化放送ラジオ「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後3・00)に出演、父親が電話で番組に参加し父娘トークを展開した。

    パーソナリティーを担当する大竹まこと(70)がゴールデンウイーク休暇、アシスタントの同局・太田英明アナウンサー(56)が同居する家族の発熱のため大事をとって休んだ。


    曲のリクエストコーナーで壇蜜は「(2人が不在で)アウェーじゃん、だから援軍呼んだんです。お父さ~ん、お父さん」と呼び掛けると、
    共演のいとうあさこ(49)らは「え、ホンモノ!?」。壇蜜の父は、「お父さんですよ、いつも娘が大変お世話になっております。ひでおです」と電話口であいさつした。

    「お父さん、今何しているの?」と壇蜜。
    「ん、今!?あのね、外に出られないでしょ、だから家の中を掃除して、いろんなものを片付けているの」と父。ホッコリしたやりとりを披露した

    ひでおさんは、妻(壇蜜の母)とのなれそめも披露、旅行会社で添乗員をしていた時、旅先から戻る列車内で偶然出会ったと明かした。
    ツアーのバスで参加客らに披露していたという思い出の山本コウタローとウィークエンドの「岬めぐり」を、コーナー内でリクエストした。

    趣味はクラシック音楽鑑賞に落語を聞くこと。上品な語り口に聞き取りやすいクリアボイス。
    共演者が「ちゃんとしているんだよな、受け答えが」、「声が若いしキレイ」などと絶賛すると、壇蜜は「全然娘と違うんです。こんな上品な父親からこんな娘が生まれてくるんですよ」、
    「親が立派だと本当、子供が苦労するんですよね、出来た人なんですよ、母も出来た人だし」と自虐的も、口調はおだやか。

    「初めて(番組に)出た?」との質問には「初めて出ました」と、“初共演”だったことも打ち明けていた。

    壇蜜は昨年11月、漫画家・清野とおるさん(40)と結婚した際に「どこか私の父のような雰囲気があり、ひかれていったのだと思います」などとコメントしていた。


    【【画像あり】壇蜜と父親が初共演!!お父さんは、めっちゃ上品!!】の続きを読む


    番組などに数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している。また日本舞踊坂東流師範でもある。 芸名である“壇蜜”は仏教を基に自分で考えたもので「『』は仏壇を。『』はお供え物を意味している」と述べている。 ツアーコンダクターの父親と保育士の母親を持つ。母親の実家がある秋田県横手市で
    53キロバイト (7,095 語) - 2020年4月18日 (土) 01:12



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    眉毛うすっ!😅😅😅

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/20(月) 17:37:26.35


    (出典 image.news.livedoor.com)


    タレントの壇蜜が(39)が20日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)のインタビューに応じ、新婚生活を明かした。

    昨年11月、漫画家・清野とおる氏(40)と結婚。結婚5カ月の新婚だが「私のマンションにうちの旦那さんの清野さんが週の半分を過ごすっていう、そういうスタイルなんですけど」と、別居生活を送っていることを打ち明けた。

    「亭主は元気で留守がいいのがいいと思います」と壇蜜。周りからはずっと一緒にいられる自信がないのか?と問われるそうだが、「結婚した2人は同じ空間で一緒に生きていかなきゃいけないっていう時代は、ちょっと強引にでも忘れることがあってもいいのかなって思います」と持論を展開した。

    それぞれの時間を大切にするために、結婚当初から週の半分を別々で暮らす別居生活を選択。魅力について、「(夫に)過度な期待をしないですむようになります」とし、毎日会わないからこそ、夫の家事などにも過度に期待せず、逆にちょっとした気遣いを感じさせる行動が有難いという。

    そんな結婚生活を送る中で今、欲しいアイテムは、「護身用と、愛情を深めるための“ピンクのさすまた”を作りたいんですけど」と壇蜜。“さすまた”とは暴れる人の動きなどを封じるための防犯用具だが、欲しい理由について「もし何かもめたときに、要は接近戦になるからもめるわけじゃないですか。さすまたみたいに適度に距離を保ってたら、ましてピンクだったら、『や~め~ろ~よ~』と、なるかもしれない。ピンクのさすまたがあれば、百人力ですよ」と、万が一、けんかになった時に役立つと熱弁した。

    お互いの距離感を大事にすることこそ、一風変わってはいるが、夫妻の愛の形なのだという。「いやでも(結婚生活は)これからだな感がすごい強いんです。だって長生きなんかしちゃった日には、あと40~50年ぐらい一緒にいるんですよ。それを考えた時に『今は幸せ』と思うのは多分違うって思ったほうが、気持ちが楽なのかなって思います」と、壇蜜らしく締めくくった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18148375/
    2020年4月20日 17時14分 スポニチアネックス


    (出典 www.rbbtoday.com)


    【【衝撃】壇蜜&夫・清野氏、別居生活はラクだよ!】の続きを読む


    番組などに数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している。また日本舞踊坂東流師範でもある。 芸名である“壇蜜”は仏教を基に自分で考えたもので「『』は仏壇を。『』はお供え物を意味している」と述べている。 ツアーコンダクターの父親と保育士の母親を持つ。母親の実家がある秋田県横手市で
    52キロバイト (6,966 語) - 2020年2月11日 (火) 12:48



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    普通でしょ。
    最高とかって、何?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/12(水) 06:35:53 ID:FJ8yU+Kj9.net

    タレントの壇蜜が、11日に自身のブログを更新。高校時代、放課後に内緒で使っていたあるものが、ネットで話題になっている。


    ■「こっそり楽しむ」

    学内での使用は厳禁とされていたという「色つきリップクリーム」。当時、女子のあいだで大流行するなど、とにかく女心をくすぐるアイテムだったという。

    それを「休日にちょっとだけ…放課後に内緒でちょっとだけ…と、こっそり楽しむのが常」だったと話す。「艶めく唇を鏡で見ると大人になった気がしてうきうきしたものです」と、当時を振り返った。

    ■お化けみたいな仕上がりに

    いまでこそ”大人の女性”として魅力たっぷりな壇蜜だが、当時は「早く大人になりたくて、何かとメイクや髪型などで背伸びをしようとしていた」そう。

    唇にしっかり色がつく海外のリップクリームが流行った時期もあるといい、その頃は「あまりに濃い色がつきすぎて皆でお化けみたいな仕上がりになっていた」と、楽しそうに回顧した。

    ■じつは女子あるある?

    色つきリップを内緒で使うという思い出は、女性のなかでは”あるある”のようで、「懐かしい。女子の特権ですよね!」「何回も怒られたなあ」と懐かしむようなコメントが。

    また一方で、壇蜜が内緒でリップを塗る姿を想像してか、「なんかいい…」「最高です」と興奮した声も一部には見られた。

    ■リップクリームを持ち歩く人は…

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,589名を対象に「リップクリームを持ち歩くか」について調査を実施したところ、全体の3割強の人が「はい」と回答。全年齢層で、やはり女性に突出した傾向が表れた。

    いまでも買うという色つきリップクリーム。学生時代に関わらず、大人になっても使える万能アイテムのようだ。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162255514/
    2020年02月11日 17時40分 しらべぇ


    【【衝撃】壇蜜が放課後内緒でやっていた事とは?!】の続きを読む

    このページのトップヘ