大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身。太田プロダクション所属。 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。 2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE
90キロバイト (11,772 語) - 2020年2月12日 (水) 04:05



(出典 www.iza.ne.jp)


前に留学行ってた事すら知らん。

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/12(水) 21:53:09 ID:FJ8yU+Kj9.net


(出典 image.dailynewsonline.jp)


元『AKB48』の人気者だった大島優子に“再渡米”のウワサが持ち上がっている。現在、彼女はNHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演中。間もなく撮影が終了するが、その後、彼女は再び“留学”するというのだ。

「テレビ小説では準主役級で登場することができたし、女優としてそこそこの地位を築いた。しばらく休んで遊んでいても、どうってことないってわけです。建て前は“米国留学”になるでしょうね」(芸能ライター)

大島は2017年から18年まで約1年間、米国に滞在。表向きは語学とエンターテインメントを学ぶということだった。
「大島が英語が堪能だという話はあまり聞きません。また、具体的に演技もどう学んだのかも分かっていません。先の渡米時に話題になったことといえば、恥ずかしいことに英文字で『*』の縫い込みが入った帽子をかぶり、SNSで公開して呆れられたことくらいでしたね」(同・ライター)

一体、米国に何の勉強をしに行ったのか。

「大島は白人男性が好みと評判。だから“男あさり”に行ったとの声もあるほど。実際、向こうで白人のカレ氏をゲット。そのカレ氏が大島を追って日本に来たことも週刊誌に暴かれています」(同)

そのカレ氏とは、昨年に破局したことが伝えられた。テレビ小説のロケで大阪にいることが多く、面倒になった大島がフッたという話まで週刊誌に書かれている。

「米国人に限らず、欧州の白人なども日本人の女の子が大好きなんですよ。小柄でメーク&オシャレ上手、ワザと舌足らずに話す日本人女子は『世界一かわいい』と、みんなが言います。大島はその典型じゃないですか。欧米人にとって金髪、パッチリ目、*というのは見飽きている、ということらしいのです」(週刊誌記者)

つまり、向こうに行けば大島は超モテモテのようだ。

「異常に白人好きの日本人ギャルがいるのも事実。胸毛や体臭に引かれるそうです。性癖みたいなものでしょう。仮に大島がそうだとしたら、米国人とはお互い利害が一致する。実際、向こうの米国人と付き合っていたわけですから」(同・記者)

何はともあれ、もし行くのなら、しっかりと学んで帰って来てほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2191350/
2020.02.12 21:14 週刊実話


【【速報】大島優子、米留学!元彼が忘れられない?!】の続きを読む