芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:女優 > 柴咲コウ


    柴咲 コウ(しばさき コウ、1981年8月5日 - )は、日本の女優、歌手、実業家(Les Trois Graces〈レトロワグラース〉代表取締役CEO)。日本国外向けの歌手活動名義はMuseK(ミュゼック)。本名非公開。東京都豊島区生まれ。スターダストプロモーション所属。
    85キロバイト (8,600 語) - 2020年3月3日 (火) 20:59



    (出典 www.cinemacafe.net)


    なんでみんな始めるの?
    金の亡者だねー。ほんと。

    1 ひかり ★ :2020/03/31(火) 09:19:31 ID:cC0mcqv29.net

     女優・歌手の柴咲コウが、公式YouTubeチャンネル「柴咲コウ 公式 'Les Trois Graces' Channel」(通称:レトロワチャンネル)を31日に開設した。「美しく生きる」をテーマに動画で思いを発信していく。

     1988年のデビュー以来、「想いや言葉を大切にすること」、2016年からはレトロワグラース社の代表として「人と地球と共に生きること」を、それぞれ
    積み重ねてきた柴咲。チャンネルでは、それら大切に重ねてきたことを自ら紡いだ言葉で発信する場として始動させる。

     具体的には、「EARTH CONSCIOUS」「LIFE STYLE」「ENTERTAINMENT」という3つのコンセプ軸に、柴咲がキュレーションする「美しく生きること」に
    欠かせない「環境」や「衣食住」「心が動くこと」などを、インタビューやライフスタイル映像をはじめとした、 自身がプロデュースする企画コンテンツなどを配信する。

     柴咲は、30日にスタートしたNHK連続テレビ小説『エール』で、世界的に活躍するオペラ歌手・双浦環(ふたうらたまき)役として出演。メディアを問わず活躍の幅を広げていく。

    オリコン

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000316-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】柴咲コウもYouTuberに!芸能人みんな始めるね。】の続きを読む


    柴咲 コウ(しばさき コウ、1981年8月5日 - )は、日本の女優、歌手、実業家(Les Trois Graces〈レトロワグラース〉代表取締役CEO)。日本国外向けの歌手活動名義はMuseK(ミュゼック)。本名非公開。東京都豊島区生まれ。スターダストプロモーション所属。
    81キロバイト (7,931 語) - 2019年12月20日 (金) 23:59



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    事務所の力って、デカイんですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/05(日) 13:10:54.74 ID:OztswnAp9.net

    薬物事件の影響で注目を集めた来年の大河ドラマ「麒麟がくる」だが、今年の大河までの過去10年で主演を務めた女優は上野樹里、井上真央、綾瀬はるか、柴咲コウの4人のみ。

    この4人のうち、柴咲のメディア露出の激減が目立っている。
    今年出演した映像作品は、映画「ねことじいちゃん」、ドラマはWOWOWの主演ドラマ「坂の途中の家」のみで地上波のドラマはなし。
    公式サイトによると、CM出演はわずか2社のみ。

    来年公開の司馬遼太郎さんの原作を映画化した、V6の岡田准一主演の「燃えよ剣」へは2番手での出演が決まっているものの、大河主演女優としてはあまりにもさみしい活動状況だ。

    「かつては間違いなく所属事務所の女優の中では稼ぎ頭だった。
    しかし、現在では北川景子、本田翼、バラエティーでも活躍する滝沢カレンらよりも稼げなくなってしまったのでは。
    しかし、そうなってしまったのは本人が招いた結果」(テレビ局関係者)

    柴咲は16年にエンタメ・コマース事業を行う会社を設立し、自らCEOに就任。
    また、18年には「衣・食・住」をテーマとし、企画・デザインなどプロデュースを全面的に手掛けたファッションブランドを立ち上げたが、どうやら、これがいけなかったようだ。

    「自分の名前があればビジネスが成功すると算段し、将来的には独立して個人事務所での活動を目論んでいた。
    女優としての才能はあったかもしれないが、ビジネスセンスはそこまでではなかったようで、事業がことごとく軌道に乗らなかった。
    事業を立ち上げる際、所属事務所の幹部に対して、あれこれ言いたいことを言ってしまったようだが、そのせいで、もはや柴咲を積極的にキャスティングする動きはなし。
    柴咲で提案してもほかの女優を出してくることが多いようだ」(映画業界関係者)

    ビジネスから撤退して、女優業に専念するのが得策のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2143631/
    2020.01.05 12:30 リアルライブ


    (出典 news.j-wave.fm)


    【【悲報】柴咲コウが干されているワケとは?!】の続きを読む

    このページのトップヘ