芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:女優 > 佐々木希


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
    52キロバイト (6,429 語) - 2020年8月3日 (月) 13:25



    (出典 biz-journal.jp)


    絶対やめとけ、母ちゃん泣いてるぞ。

    1 ひかり ★ :2020/08/05(水) 18:29:53.34 ID:CAP_USER9.net

     長い梅雨が明け、ようやく晴れ間が見えた8月上旬の早朝。都内の高級住宅地に、小さな子供を挟んで、“手つなぎデート”を楽しむ夫婦の姿があった。

     男性の手は子供の右手と、女性の手は子供の左手とギュッとつながれており、時折、子供は両足を浮かせ、ブランコのように体が揺れるのを楽しむ。「もういっかい」と子供がねだり、夫婦は息を合わせて子供を持ち上げる――。ドラマに出てくるような“幸せな夫婦”は、アンジャッシュ・渡部建(47才)と佐々木希(32才)だった。
     ふたりは2017年10月に結婚し、翌2018年2月には第一子の男の子が誕生。順風満帆に見えたが、今年6月に渡部が複数の女性と不倫関係にあったことが発覚。しかも「多目的トイレでの性行為」「女性に1万円を渡し、都合よく扱う」などの詳細が報じられ、大バッシングを浴びたことは記憶に新しい。
     一連の報道により、渡部の仕事はゼロに。収入が途絶えただけでなく、CMの降板で多額の違約金が発生するとみられ、大きな“ツケ”を払うことになった。
    「不倫騒動以前、渡部さんには3本のCM契約がありました。その中には外資系商品もあり、特に違約金の額が大きくなる可能性があります。レギュラー出演していたテレビ番組の再収録費用などと合わせると、賠償額は1億円を超えるともいわれています」(大手広告代理店関係者)
     渡部が背負う十字架は金銭面だけではない。パートナーにも多大な迷惑をかけた。
     7月30日、新CMの発表会に登場した相方の児嶋一哉(48才)は、コンビの今後について、「まだ何も決まっていない。復活できないかもしれない」と心境を明かした。
     最も深く傷ついているはずの妻の佐々木は、
    《この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません》
     と謝罪コメントを出し、「離婚しない」道を選択した。さらに、雲隠れした渡部とは対照的に、騒動後も間を置くことなくレギュラー番組に出演し続けている。
    「夫の不貞が報道され、悲しさと恥ずかしさで外も歩けないほどの気持ちだったのではないでしょうか。そんななか、収録時には周囲のスタッフに気をつかわせないよう明るく振る舞っていたとか。いま、佐々木さんの“覚悟”を評価する業界関係者も多い」(テレビ局関係者)
     冒頭、子供を介してギュッと結ばれた手は、その絆の強さをうかがわせた。
    ※女性セブン2020年8月20・27日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200805-00000012-pseven-ent


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    【【画像あり】騒動後初!渡部建&佐々木希がお散歩デート!】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
    52キロバイト (6,429 語) - 2020年7月4日 (土) 08:12



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    よく同居できるな~とは思う。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/24(水) 06:34:05.47

    投稿日:2020/06/24 06:00 更新日:2020/06/24 06:00
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1870945/

    (出典 img.jisin.jp)


    「以前は公園にお子さんをベビーカーに乗せて、遊びにくる渡部さんと佐々木さんの姿をよく見かけました。渡部さんがブランコに乗った佐々木さんを後ろから楽しそうに押していたことも。それが騒動以降、ぱたりと見かけなくなりました」(近隣の主婦)

    近所でも評判のおしどり夫婦だったアンジャッシュ・渡部建(47)と佐々木希(32)夫妻。しかし6月11日発売の『週刊文春』で渡部が複数の女性と不倫していたことが発覚。六本木ヒルズの多目的トイレに女性を呼びつけ、行為に及んだのちに金銭を渡すという醜態まで明かされ、非難が殺到していた。

    「8本のレギュラーを抱えていた渡部さんですが、報道直前に各番組へ出演自粛を申し入れました。好感度をウリにしていただけに、いずれの番組も降板は避けられないでしょう」(広告代理店関係者)

    報道翌日の12日、妻の佐々木は自身のインスタグラムでこう謝罪した。

    《この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません。今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います》

    冷静なコメントを出した佐々木だが、心では泣いていた。

    「佐々木さんは、渡部さんが週刊誌の直撃を受けた直後にすべての説明を受けました。最初はショックと怒りで渡部さんを問い詰めましたが、子どもを第一に考えて、家では気丈にふるまっているそうです」(テレビ局関係者)

    しかし、“おこもり”協議中の佐々木は意外にも関係修復に前向きだという。佐々木をよく知るファッション関係者は言う。

    「希ちゃんは今も渡部さんと同じマンションにいるそうです。自宅から出ずに、買いものや犬の散歩は親しい知人が手伝っているといいます。ワイドショーでは連日、今回の件が報道されているので、動画配信サービスで映画やドラマを見ていると聞いています。夫婦の今後についても話し合いを進めているそうですが、現時点で希ちゃんには離婚する意思はないみたいです」

    夫の悪質な裏切りを受けても、離婚を選択しない佐々木。そこには彼女の“憧れ”が影響していた。

    「交際当初から希ちゃんは渡部さんにベタぼれで、その関係は今も変わっていません。仕事関係の集まりに渡部さんを連れてくることもあり、みんなの前でも彼のことを“わっくん”と呼んで本当に仲よしなんです。

    また2人のお兄さんに囲まれて育ったこともあって、にぎやかな家庭に憧れています。最近も子供を抱きながら『この子にきょうだいができたらいいな』と話していたそうです。“夢に描いた家庭をまだあきらめたくない”という思いで立て直そうとしているのでしょう」(前出・ファッション関係者)

    渡部の“裏の顔”も影を落としていた。

    「渡部さんは家庭では亭主関白で、有機野菜などを使ったヘルシーな手料理を佐々木さんにオーダー。恋愛学にも精通し、記念日をきちんと祝ったり、定期的にプレゼントを贈ったりして、佐々木さんのツボを押さえることで、彼女の心を支配してきました」(テレビ局関係者)

    夫婦問題研究家で離婚カウンセラーの岡野あつこさんは、佐々木が離婚しない理由についてこう推測する。

    「佐々木さんは、ご主人がいなくてもお仕事はありますし、経済的な理由で別れないということではないでしょう。不倫されても、離婚しない女性の中には、責任感が強いが故に『私にも責任が……』と考える方がいます。

    また不倫以外は家庭で問題がなかったということもあるでしょう。日常生活の中で家族として子育てに向き合っていたり、夫としての務めを果たしていた場合は、離婚しないというケースもよく見受けられます」

    「女性自身」2020年7月7日号 掲載


    【【衝撃】同居続ける佐々木希、離婚しない理由とは…。】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
    52キロバイト (6,430 語) - 2020年6月18日 (木) 12:21



    (出典 mayuponstyle.com)


    つ、強すぎる…。

    1 プーアル ★ :2020/07/01(水) 17:34:53 ID:QwJd7j689.net

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0701/asg_200701_2412831850.html
    女優の佐々木希が6月29日、17日ぶりにインスタグラムを更新し、話題となった。

     佐々木は自身が出演する同日放送の「所JAPAN」を告知。番組のスタジオをバックに花柄のワンピースを着て笑顔の写真を載せている。
    前回、12日に更新したインスタでは、「週刊文春」によって報じられた夫、アンジャッシュ・渡部建の複数女性との不貞を謝罪。
    〈夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います。私自身としては、今後もお仕事を続けさせていただければと思っております〉としていた。

    佐々木のほうは、今後もテレビ出演があるたびに株が上がりそうだ。


    【【画像あり】佐々木希、花柄ワンピで番宣!最強メンタルの裏に実は…。】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラスに出店していたショップ「流行屋」の店員として勤務していたと
    51キロバイト (6,397 語) - 2020年5月16日 (土) 10:39



    (出典 data.smart-flash.jp)


    希ちゃん、だまされてる。
    冷静になって、全部結婚後だから…。

    1 1号 ★ :2020/06/12(金) 18:06:36 ID:oxOBluy/9.net

    渡部さんが『週刊文春』の取材に対して、女性たちが語った内容を認めたことを考えれば、たしかに事前にレギュラー番組の全降板を決めたのも頷けます。
    日本一の美女ともいわれる女優の佐々木希さんを妻に持ち、1歳になる男の子がいる父親…少なくとも、テレビの視聴者の多くを占める主婦を中心とした女性たちから、“総スカン”を食らうことは目に見えています。

    では、肝心の妻である佐々木さんはどんな反応を示したのでしょうか。
    渡部さんは「妻にも説明し、謝罪した」と伝えられていますが、『週刊文春』の記事では、佐々木さんが「激怒」して「逆上」したともとれる内容が記されています。それは『週刊文春』が渡部さんに直撃取材した時の様子です。

    ――六本木ヒルズの身体障碍者用のトイレで女性と性行為を行っていたという話があります。

    「(早口になって)知りません。知りません」

    ――性行為でトイレをお使いになったことは?

    「知りません、はい」

    ――結婚後にも女性に1万円を渡して、そういう行為をしていた?

    「いや……」

    ここで絶句した渡部さんは虚空を眺めて、「ちょっと車を停めてきていいですか」と記者に伝えたまま、戻ってくることはありませんでした。

    その数時間後、渡部さんから不倫相手の女性たちに次々と電話が…。

    「今日、文春の人が来て色々言われたんだけど、俺らが最後に会った日にちは覚えてる?」そう、冷静な口調で渡部さんは「奥さんが隣にいるんだけど代わるね」と告げ、妻の佐々木さんが直接、電話口に出たそうです。

    「あなた酷いですね。今の会話、録音してますから。嘘をついたら大変ですよ。彼と最後に会ったのはいつ? …最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。私たちが結婚したのが17年だから。その前なんですか、後なんですか?」

    当然激怒し、逆上しているであろう妻の佐々木さんから、そう問い詰められ、裁判もちらつかせられ、女性は恐怖を覚えたといいます。

    「結婚後に何度も肉体関係を迫ってきたのは渡部さんのほうで、彼女から誘ったことは一度もない。それはLINEの履歴にもしっかり残っています」

    冒頭の女性の知人は『週刊文春』にそう語っています。

    ひょっとしたら、渡部さんも「結婚前の出来事」にしたかったのかもしれませんが、『週刊文春』が握っているであろう「証拠」が一つや二つとは思えません。
    頭の回転が速いであろう渡部さんであれば、この状況がすでに「詰んでいる」と、容易に想像できるでしょう。

    だからこそ、記事が出る前に、テレビ及びラジオ番組、全レギュラー番組降板という前代未聞の決断に及んだのかもしれません。

    ここまできたら、とことん落ちるところまで落ちて、本来の職業である「芸人」として、いつしか「笑い」の力に変えてもらいたいものです。(文◎編集部)

    全文はソースで
    2020年6月12日
    https://tablo.jp/archives/25270/3
    https://tablo.jp/archives/25270/4
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591947673/


    【【衝撃】佐々木希、不倫相手に電話で激怒!!「最後に会ったのは、いつなの?!」】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラスに出店していたショップ「流行屋」の店員として勤務していたと
    51キロバイト (6,397 語) - 2020年5月16日 (土) 10:39



    (出典 www.cinemacafe.net)


    女癖は治らない。
    早く別れた方が身のため。

    1 ばーど ★ :2020/06/11(木) 08:48:51.04 ID:sp6yzqT+9.net

    ※略

    「芸能界のグルメ王ともいわれる渡部さんは、年間の外食の数は1000回を超えるそう。それ自体は非難されることのない話なんですが、問題は食後です。仕事関係者と高級クラブや会員制のガールズバーなどに流れ込み、女性と一緒に飲み明*ことも多かったようです」(芸能関係者)

    別の芸能関係者は、たまたま一緒になった店で見た渡部の言動が強く印象に残っていると明*。

    「去年、都内の高級ラウンジで渡部さんを見かけました。席についた女性の手を握りしめて真剣に口説いていたのには驚きましたね。女の子が“あんなにきれいな奥さんいるのに!”ってツッコむと、“奥さんも好きなんだけど、きみのことも好きなんだよ”とデレデレしていました」

    音楽好きの一面を生かし、『Love music』(フジテレビ系)では森高千里と共にMCを務め、FMラジオでは番組ナビゲーターを10年以上続けている。だが、音楽業界でも有名だったのは素行の方だった。

    昨年、東京・お台場で開催された音楽フェス『ULTRA JAPAN2019』で若い女性と遊んでいる姿が目撃されていた。

    「『VVIP』という芸能人や経営者といったセレブ専用のフロアがあるのですが、そこでいちばん派手に遊んでいたのが渡部さんでした。シャンパンを何本も開け、モデル風の女性を口説いている姿はもはや“ウルトラ名物”という人も。とにかくバブリーでチャラチャラしている印象でした。聞けば、彼はこのフェスに何年も連続で来ているのですが、決まってひとり。ナンパ目的なんでしょうね」(音楽関係者)

    そうした夫の本質を妻は感じ取っていたのだろうか。まだ第1子が1才にもなっていない昨年7月。佐々木はインスタグラムで公開していた渡部とのツーショットをすべて削除していた。これを機に、渡部の遊び癖を知っている関係者の間に、一気に不仲説が広まったという。

    「今年2月、佐々木さんは自身の誕生日にインスタグラムを投稿していましたが、友人とのツーショットや母の手料理などが並ぶ中、渡部さんの写真はありませんでした。佐々木さんは“子供ができてから彼が変わった”とこぼすこともあったようです」(テレビ局関係者)

    今回の不倫スキャンダルで、佐々木が渡部に三行半を突きつけるのかと思いきや、そうではないという。

    「佐々木さんは別居も離婚もしないと周囲に言っているようです。いちばんは子供のこと。やはり父親の存在は大きいですし、夫を信じたい、という気持ちもあるのでしょう。仮に渡部さんがCM降板となれば、違約金が発生するかもしれません。“夫を見捨てられない”という思いも感じられます。渡部さんも、今回で懲りて夜遊びから足を洗ってくれればいいのですが」(佐々木の知人)

    渡部の懺悔の日々が始まる。

    2020.06.11 07:00  女性セブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20200611_1569463.html?DETAIL


    【【衝撃】佐々木希「別居も離婚もしない。夫を見捨てられない…。」】の続きを読む

    このページのトップヘ