芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ:女優 > 石原さとみ


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 grapee.jp)


    その程度で挫折とか言ってんじゃねーよ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/09(Thu) 02:15:05 ID:RfW9OnKe9.net

    女優の石原さとみ(33)が8日、フジテレビ系の「TOKIOカケル」(水曜午後11・00)に出演、過去の挫折を明かした。

    番組の中で、街の人に「石原さとみは○○しなさそう」ということを聞くコーナーがあり、そこで「人生で挫折したことがなさそう」と言われると「あります。もちろん」と語り、
    「お仕事がなくなったことがあります」と明かした。「21歳の頃、主演作品がなくなったり、CMが0本になったり、雑誌のレギュラーが8社あったのが全部なくなったり、
    ラジオのレギュラー5年間やっていたんですけど、それが一気に同じタイミングでなくなった」と語った。国分太一から「それ、焦りました?」と聞かれると「毎日泣いていました。どうしていいか分からなくて、すごい苦しかった」と振り返った。

    その時に「さとみは休んだ方がいい」と言われ、初めて1週間以上の休みをもらいニューヨークへ1人旅をしたことで「それで変わりました。好きなことをしようと思って。
    1人だから、何を食べたい、どこへ行く、何のネイルを塗るとか、全部自分で決める、というのを初めてして、そこから人生ずっと楽しいんです。強くなりました」と笑った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18092264/
    2020年4月9日 0時35分 スポニチアネックス


    【【衝撃】石原さとみ、衝撃告白!仕事がゼロになった辛い過去。】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    68キロバイト (8,177 語) - 2019年12月11日 (水) 20:57



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    創価学会信者だからねー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/04(土) 21:36:28.94 ID:1hHfXPXC9.net

    女優の石原さとみ(33)が3日放送のフジテレビ「石原さとみのすっぴん旅inギリシャ」(金曜後2・30)に出演、異国の地での恋愛トークの中で「今、彼氏はいない」と明言した。

     「すっぴん旅」は昨年のスペインに続く第2弾で、今回はギリシャへの3泊4日の旅。石原は現地の暮らしを知りたいと、ホームパーティーにも参加。ホストファミリーのローカル料理に舌鼓を打つ一方で、石原がお返しに「お好み焼き」をふるまう場面もあった。

     パーティーの中で、年下の出席者(16歳、女性)から「彼氏はいないの?」と聞かれると、「今、いないです」と即答。「どんな男性が好み?」には「ええ…」と少し考えたあと、「オタク」と意外な答えを口にした。

     芸能界は昨年から令和婚ラッシュだが、石原は「結婚秒読み」とうわさされたライブ配信サービス「SHOWROOM」社長の前田裕二氏(32)との破局が伝えられた。当の2人は何も語っていないが、今回のギリシャ旅の中で間接的に破局を認めたかっこうだ。

     旅の合間には同行スタッフと“すっぴんトーク”も。「理想の家族像」については「お母さんがラジオが好き。しかもFMではなく、AMなのでずっと聞こえてくるのは(パーソナリティたちの)会話。うちの両親もすごくしゃべるし、それに対してお兄ちゃんも突っ込んだりしているので、わが家は朝イチからずーっとしゃべっている。うるさいくらい。だから、そういう会話が多い家族がいいな」と打ち明けた。

     体のパーツでは「くちびるは大嫌いだった」という石原だが、約4年前にファッション誌「an・an(アンアン)」の“くびれ特集”の表紙に登場したことが「自分の顔と体に向き合うきっかけになった」と明かした。

     当時、スタッフから「10日後、撮影」とのスケジュールを告げられたが、風呂場の鏡で全身を映すと「とんでもなかった」。その日から必死にジム、加圧トレ通いを続けた結果、「とてもきれいに撮ってくれたので自分の体が好きになった。良い写真だと思って大事にしている」という。

     旅の終わりに「ギリシャが大好きになった」と笑顔を見せた石原。今年の抱負を聞かれると、「たくさんの人に会いたい。人に会って感じるものを大切にして、それを伝えていける一年にしたい」と語っていた。

    2020年1月3日 21時19分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17615391/


    (出典 i.imgur.com)


    【【衝撃】石原さとみ、好きな男性のタイプを告白!!】の続きを読む



    (出典 asagei.biz)


    医療ドラマ多すぎ。そして、全く面白くない。
    韓国ドラマ、めっちゃおもろいぞ!!

    1 Egg ★ :2020/02/05(水) 09:25:08.05 ID:wDy0zBGr9.net

    女優石原さとみ(33)が、4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜午後10時)に薬剤師役で主演することが4日、分かった。これまで国内地上波の連ドラで、薬剤師が主人公になるのは初。石原自身も、初めて挑む役柄となる。

    【写真】石原さとみキューバでスッピン

    原作は「月刊コミックゼノン」に連載中のコミック。脚本を「ストロベリーナイト」「グランメゾン東京」の黒岩勉氏(46)が担当する。石原が演じるのはキャリア8年目の病院薬剤師・葵みどり。「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある」という信念を持ち、ついつい患者に深入りしてしまいながら、チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら調剤、製剤に奮闘する。

    「アンサング」は「ほめられない」という意味。「縁の下の力持ち=アンサングヒーロー」として奮闘する姿を描く、新しい形の医療ドラマ。ドラマで医師や看護師を演じた経験がある石原は、薬剤師について「お薬を渡してくださる方という印象で、どういうお仕事をされているのか具体的には知りませんでした。原作を読んで仕事内容の大変さに驚きました。薬剤師は“薬で命を助ける専門家”なんだと痛感しました」。

    薬剤師のユニホームの衣装にはデザインから参加した。友人の薬剤師の「医師と間違われないように徹底している」というアドバイスを受けた石原は「機能的でスタイリッシュながらも、かわいさもあり、自然に身にまとうことができています。医師や看護師との違いを出すことを意識しました」と話している。

    石原は18年のTBS系「アンナチュラル」で法医解剖医を演じて話題を呼んだ。薬剤師の役作りについて「患者さんに寄り添う温かさや優しさを持ち、優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたい」と意気込んでいる。

    ◆薬剤師 大学の薬学部、もしくは薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了後、薬剤師国家試験に合格した人のみが就くことができる。国内の薬剤師数は約30万人とされる。

    2/5(水) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-02050020-nksports-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】石原さとみが薬剤師に!!】の続きを読む

    このページのトップヘ