芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!

    カテゴリ: タレント


    めぐみ(やす めぐみ、1981年12月22日 - )は、日本のタレントである。結婚前の本名は芸名と同じ。 東京都府中市出身。ハーモニープロモーション所属。血液型はA型。 2006年(平成18年)、「男性が選んだ結婚したいと思う、いいお嫁さんになりそうな女性のタレントランキング」で1位に選ばれた。
    19キロバイト (2,385 語) - 2020年1月25日 (土) 08:08



    (出典 eiga.k-img.com)


    押入れなんて、すぐにバレるじゃんね。

    1 臼羅昆布 ★ :2020/05/30(土) 16:24:27.75

    2020.5.30 10:09
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200530/geo20053010090011-n1.html

    タレント、安めぐみ(38)が29日放送の「ダウンタウンなう」にリモート出演。
    夫でタレントの東貴博(50)への不満を語った。
    この日は安、山口もえ(42)、ギャル曽根(34)の「ママ友」3人がゲスト出演しトークを展開。
    夫への不満が話題となり、山口が「ママ友会についてくる」、ギャル曽根が「私が出た番組を
     一緒に見たがる」と明*中、安は箇条書きで10個の不満点を列挙した。
    その中から浜田雅功(57)が「素直に女性の趣味を教えてくれない」との項目を取り上げ、
    「これ、あなたが知りたいことなの?」と疑問をぶつける。
    安は「変な話なんですけどいいですか?」と断った上で、「清楚な女性が好き」と言っていた
    はずの夫が、「渋谷ギャルMAX」というタイトルのアダルトビデオを押し入れに隠していたのを
    発見したエピソードを披露した。
    松本人志(56)から「安さんはそれを旦那に言うんですか?」と問われた安は「やっぱ言っとこう
     かなと思って『いじってたらギャルMAXが出てきたんだけど』って言ったら『見てないよ』って
     言って。『芸人さんでいろいろ回ってくるから』みたいなことを…」と夫の言い訳を明*。
    これを聞いた2人は「完全なウソやけどね」「絶対ウソやからね。『先輩に預かってくれ』とかさ、
     『誕生日でもらった』とかさ」と大笑い。
    安は「全然、見るのはいいんですよ。いいんですけど、素直にね、『そんなんも好きなんだ』って
     言っていくれればいいのになあって…」とこぼした。


    (出典 www.sanspo.com)

    安めぐみ


    (参考)ギャルだった頃の安さん


    【【衝撃】安めぐみ、旦那が押入れに隠していた物とは?!】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    37キロバイト (4,976 語) - 2020年5月21日 (木) 09:53



    (出典 www.crank-in.net)


    村上とはどうなったのよー。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/29(金) 11:58:05.55 ID:qEOMks/A9.net

    タレントの小島瑠璃子(26)が27日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜後11・00)にリモート出演。勘違いしてしまう男性からの言葉について語った。

    この日は、女性が勘違いする“男性の好きアピール行動”についてトーク。小島は、男性から言われて紛らわしい言葉として「めっちゃいいお母さんになりそうだね」を挙げ、
    「“将来こういう家族が理想”とかを雑談レベルでしてて、『めっちゃいいお母さんになりそうだね』って言われたら、『え、私と結婚したいのかな?』みたいな」と勘違いをしてしまうと語った。

    男性から実際に言われたことが「山ほどあるんですよね」と明*小島に対し、松岡昌宏(43)も「思うもんね。いいお母さんになりそう」と納得の表情を見せていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b93b526dcaa30729e051a309754ab54b9c11740b
    5/29(金) 11:48配信


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【衝撃】小島瑠璃子「この言葉に勘違いしちゃう!!」】の続きを読む


    はねだ えりか(1973年3月7日 - )、日本のタレント。東京都中野区出身。 1994年に解散したアイドルグループ『CoCo』の元メンバー。2005年10月、所属事務所ジャパン・ミュージックエンターテインメントより独立。ただし、CoCo結成でデビュー、解散後から数年間
    14キロバイト (1,638 語) - 2020年5月23日 (土) 02:33



    (出典 pbs.twimg.com)


    あんなに働かされて、7万円?!
    サイテーだな事務所。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/23(土) 11:51:46.45

    かつて世間の注目を集めた有名人に「あの騒動の真っ最中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー連載。第9回は'80年代後半から'90年代前半にかけて活動したアイドルグループ『CoCo』の一員だった、はねだえりか(47)。グループが解散に至った経緯、また妊娠・出産を経験し、その後シングルマザーを選択した理由について聞いた。


    「もともと芸能界に入るつもりはなかったんです。母は私を姉と同じ薬剤師にさせたいと考えていたので、そうするつもりでした」

     '89年に放送開始したフジテレビ系バラエティー番組『パラダイスGOGO!!』。アイドルを目指す10代の女の子たちで構成された番組内のグループ『乙女塾』の1期生で、同年に5人組アイドル『CoCo』としてデビューした、はねだえりか(旧芸名・羽田惠理香)。現在もタレントとして芸能活動をしているが、デビュー当時は2年前に『おニャン子クラブ』が解散し、“アイドル氷河期”と呼ばれたころだった。

    はねだがCoCoになるまで
    「姉が勝手に私の書類を作って、『国民的美少女コンテスト』に応募したんです。トントン拍子に選考が進んだので、気持ちが盛り上がって。でも、最終選考はステージの上を歩いただけで終わり、受賞を逃しました。それがすごく悔しくて、『乙女塾』に応募したのが始まりでした」

    『CoCo』と同時代に活躍したアイドルグループ『ribbon』メンバーも在籍していた『乙女塾』。タレント育成も目的としており、女優・歌手・モデル・タレントを目指して日々レッスンを行っていた。はねだは“歌手コース”に在籍していた。

    「1週間に土曜日だけ歌のレッスンがありました。でも、私は女優コースで応募していたんです。歌がうまいわけではなかったし、“羽田さんは歌手コース”と言われて驚きました。無理ですよと……」

     それでも『パラダイスGOGO!!』に出演しながら、『EQUALロマンス』という曲でデビュー。

    「初めてのレコーディングはヒドイものでした。ヘッドホンから自分の声が流れるなんて、わけがわからず(笑)」

     デビュー曲はオリコン7位を獲得。その後もシングルは11曲連続ベスト10入り。バラエティーなどのテレビ出演も増え、次第に忙しくなる。はねだは進学校に通っていたので、苦労も多かった。

    「小・中・高と筑波大学附属校に通っていました。いわゆる“芸能人が通う学校”ではなく学業優先。学校に芸能活動を伝えると、アルバイトとしては認めるけれど、特別扱いはしないと。仕事現場で宿題をやって、間に合わないと家に持ち帰っていました。夜遅くまで仕事しても、朝は時間どおりに学校に通っていたので、いつも睡眠不足。学校生活をしっかりこなそうとしましたが、留年して高校には4年間通ったんですよね」

     現場からメイクしたまま学校に行くことも。忙しい毎日だが給料は月給制で、デビュー当初は月7万円だった。

    「あまり買い物もしないし、母に管理してもらっていました。1年ほどすると、自分はアイドルのタイプじゃないと思うようになりました」

     '92年にはメンバーが1人抜けて、4人組に。

    「1人抜けてからも2年間は活動したのですが、だんだんソロ活動が増えてきました。グループとして活動することが難しくなってしまったのかな。私は“5人でCoCo”と思っていたので、4人になることを聞かされたとき、疑問が大きかった。解散が決まったときは“来るときが来たな”と思いました」

     '94年に『CoCo』は解散。その後、日本テレビ系の人気番組『進め!電波少年』では過激なアポなし取材で身体を張ったロケが話題に。

    「女優をやりたいという思いはありましたが、いただくお仕事はバラエティー中心。でも、やってみるとすごく楽しかった。もちろん、バラエティーをやった先に女優業があればいいなと思って、事務所には話していましたが、“はねだはバラエティー班だから”って(笑)」

     '12年に突然、結婚と妊娠を発表。無事出産するが、はねだは未婚のまま。パートナーとは、しばらくは一緒に生活していたが破局。

    先に子どもを授かって
     そのころの気持ちを、今回初めて打ち明けてくれた。

    「パートナーとは、いわゆるタイミングが合わなかったんです。先に子どもを授かったので、バタバタと籍を入れるよりも、落ち着いてからと思っていました。でも、だんだんお腹が大きくなっていくうちに、お互いにズレが生じて。子どもが生まれた後、そのズレが一気にふくれ上がってしまった。

    5/23(土) 11:00 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200523-00017939-jprime-ent


    【【元CoCo】はねだえりか「アイドル時代は、月給7万円」】の続きを読む


    池田美優 (みちょぱからのリダイレクト)
    池田 美優(いけだ ゆう、1998年10月30日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。 2020年現在の所属事務所はPANORAMAで、かつては株式会社SGMに所属していた。現在は東京都北区赤羽在住。 愛称は「みちょぱ」。名前の「」と漫画『ONE
    15キロバイト (1,918 語) - 2020年5月1日 (金) 07:01



    (出典 dot.asahi.com)


    芸能人は、すぐ整形するイメージなんだよね、きっと。

    1 伝説の田中c ★ :2020/05/24(日) 21:00:09.26

     モデルでタレントの“みちょぱ”こと池田美優が18日に自身のツイッターを更新。普段と異なるメイク姿を公開するたび、一部から「整形した?」などと問われることにうんざりしていることを伝えた。

     池田は「テレビに出てる人だからこそ写真の加工なんてしたら即バレだから、目大っきくしたり顔小さくしたりはしない(肌綺麗にしたり黒くしたりはする笑)けど」と自らが投稿する写真について説明。

     続けて「写真とテレビの顔が違うって言われてもそりゃあ静止画でカメラの角度も自分好みで撮ってる自撮りのが可愛く写るわ!って毎回思ってること言ってみた」と率直な心境を打ち明けた。

     さらに次の投稿では、「そしてメイクが普段と違う写真あげたら毎回言われる整形した?って謎」と一部で見られる様子の反応に嫌悪感を示した。

     その上で「メイクで女は変われるんだわ! 女なめんな! ヘアメイクさんってすげぇぞ! って毎回思ってもいたこと今だから言っとく! 笑」とメイク技術や女性の魅力を力強く主張している。

     この投稿にファンからは「結論。メイクは凄い」「私も言われた事あります 痩せたら整形した?って言われました」「可愛いから、そんなの無視無視ー」と共感などの声が寄せられた。

     また池田は、「別に整形しても良いでしょう! 悪い事のようなイメージがダメだと思うよー」とのリプライに反応し、「整形が悪いとかダメなんて言ってない すぐそうやって言ってくる人は何もわかってないってことね」と誤解のないよう説明している。

     17日にインスタグラムに自身のショットを投稿していた池田。「ここ最近色んな系統の雑誌に呼んでもらえて 新しい自分になれて嬉しいです」などとコメントし、自らのショットを投稿。「一瞬みちょぱに見えなかった!」「めっちゃ雰囲気変わって見える! おとなっぽい」などと大きな反響を呼んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00010003-musicv-ent


    【【激怒】みちょぱ、「いちいち整形した?って聞かれる!うざい!】の続きを読む


    益若 つばさ(ますわか つばさ、本名:益若 翼(読み同じ)、1985年10月13日 - )は、日本のギャルファッションモデル。身長150cm、、体重37kg。埼玉県越谷市出身。『Popteen〔ポップティーン〕』の読者モデルとして人気を博し、着用した服やアクセサリーが瞬く間に売れるなど突出した経済
    21キロバイト (2,241 語) - 2020年5月10日 (日) 20:18



    (出典 i.pinimg.com)


    そもそもなんで地雷女メイクって言うの?

    1 臼羅昆布 ★ :2020/05/25(月) 22:29:35 ID:eYpi7eVO9.net

    2020年05月25日 14時20分
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2005/25/news088.html

    モデルの益若つばささんが1カ月かけて研究したという“地雷女”メイクを披露しています。
    「1ヶ月くらいかけて色々準備して」と入念な研究を重ねた地雷女メイクをお披露目した益若さん。
    色素薄い系の白肌とタレ目&涙袋を極端に強調したメイクが特徴的で、ツインテールやゴスロリ感の
    あるファッションで益若さんなりの“地雷女感”を高めています。
    YouTubeチャンネルでは、地雷女メイクの分析と解説を行っている益若さん。
    地雷女とは、一般的には外見と内面のギャップが激しい女の子のことで、これまではネガティブな
    意味合いが強い言葉でしたが、最近ではメイクのかわいさからポジティブな注目も集めているとのこと。
    益若さん自身は、「決してバカにはできないコンプレックスと闘っている女の子のメイク」「今はすごく
     トレンドになっていて、私はすごくステキな文化だなって思います」など好感を持っていることを
    明かしていました。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    画像


    【【画像あり】益若つばさ、地雷女メイクが可愛い!若い!と話題!!】の続きを読む

    このページのトップヘ