芸能早まとめ

芸能早まとめは、芸能、俳優、女優、アイドル、モデル、韓国の俳優、 韓国の歌手、声優、アーティスト、の最新情報をまとめたブログです。 おもしろいと思ったら、ぜひフォローしてお願いします!!


    深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE
    71キロバイト (7,716 語) - 2021年5月26日 (水) 11:36



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    結局何が原因なのよ。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/05/28(金) 14:14:02.02 ID:CAP_USER9.net

    俳優の深田恭子さん(38)が2021年5月26日、適応障害による活動休止を発表した。これに対し、一夜明けた27日になってもネット上では驚きの声が続々と上がっている。とりわけ多いのが、24日に開かれた「午後の紅茶」の35周年記念の記者会見で垣間見えた「違和感」に驚く声だ。

    記者会見で深田さんは、少しやせた印象を受け、声の*れも気になった。

    このため、会見の模様を見た人たちからは「休む判断が出来てよかったと思う」といった、活動休止は当然とする声が続々と上がっている状況だが、その中で、「UQ三姉妹とかどうなっちゃうんだろう」といった声も噴出しているのだ。

    「しばらく有給モバイルで休みましょう」
    深田さんと聞いて、格安スマホ「UQ モバイル」のテレビCMを思い出す人が少なくないようだ。

    作中で深田さんは多部未華子さん(32)と永野芽郁さん(21)と共に三姉妹の長女役で出演している。2021年4月20日からは新シリーズ「ママパパ+5G」篇を放送していた。

    深田さんが活動休止に入ったことを受けて、「UQ三姉妹とかどうなっちゃうんだろう」「UQ三姉妹見えなくなっちゃうのかな...悲しい」と心配の声が上がっている。

    そのほか、「しばらく有給モバイルで休みましょう」「有給(UQ)!! お大事に。。。」と、CMにちなんで深田さんを気遣う声も見つかった。

    (J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

    https://news.livedoor.com/article/detail/20264604/
    2021年5月27日 13時53分
    J-CASTニュース


    (出典 cyclestyle.net)


    (出典 www.uqwimax.jp)


    【【画像あり】深田恭子が活動休止!イベントで「異変」】の続きを読む


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデル。愛称はユッキーナ。ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していた。2020年7月6日を以って芸能界を引退。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
    28キロバイト (3,615 語) - 2021年5月25日 (火) 20:01



    (出典 portal.st-img.jp)


    インスタで食ってんのかね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/28(金) 08:23:06.11 ID:CAP_USER9.net

    5/28(金) 5:15配信
    東スポWeb

    タピオカで人生狂ったユッキーナ

     元タレントの木下優樹菜(33)が〝訴訟カオス〟に陥っている。

     東証マザーズに上場する広告会社「Birdman」が26日、IRニュースの中で、木下を広告起用していたロハス株式会社とアイア株式会社からイメージを棄損されたとして4月1日に約3億円を求める損害賠償請求訴訟を起こされたことを発表した。

    【写真】臨月ユッキーナが美脚披露

    「Birdman」によると、ロハス社が展開する化粧品ブランドに木下さんを起用。その広告出演契約をアイア社と「Birdman」が締結したが、2019年に勃発した「タピオカ騒動」によってすべてが狂った。

    「木下の実姉が務めるタピオカ店でトラブルが発生したのです。その解決に木下が出ていき、脅迫まがいのDMを店側に送りつけたことが判明。結果的に芸能界から引退することになりました」(ワイドショー関係者)

     当然ながら、広告起用していた会社の損害は甚大。そのため今回の訴訟に至ったが、事態はカオスを極めている。

    「ロハス社とアイア社が訴えたのは『Birdman』だけではなく、木下さん、さらには元所属事務所に及んでいます。そして、その『Birdman』も元所属事務所に損害賠償を求めている。木下さんはタピオカ店とは現在も和解には至っていないとみられ、もうグチャグチャです」(同)

     再起に向けて順調だった木下にとっては痛手だ。芸能関係者が言う。

    「今もなお、木下をインフルエンサーとして評価している企業は少なくない。事実、引退後も複数のファッションブランドがモデルとして起用しています。ただ、今回またも訴訟ざたが明らかになった以上、木下をリスクと判断する可能性はあるでしょう」

     タピオカ騒動の着地点が見えない――。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a688e0e8cb5cfff75699d62b66cc5d2e101d945


    【【画像あり】木下優樹菜、タピオカがまだ終わらない!訴訟沙汰にまたもや発展!】の続きを読む

    このページのトップヘ